このサイトには、屋形船の利用の仕方に関する情報が集められています。
屋形船のプランに関することであったり、利用人数に関することが紹介されていますので、実際に利用を考えている人は役に立つことでしょう。
利用人数に関してですが、大人数で利用をすることができますが、それとは逆に少人数での利用も可能です。
2人でも乗船できる方法がありますので、それを覚えておけば色々なシーンで活用できるようになり、とても便利です。

2人からでも屋形船に乗れる!

2人からでも屋形船に乗れる! 屋形船は大人数で乗船して宴会ができますが、逆に少人数でも乗船が可能です。少人数でも乗船できる屋形船のタイプが乗り合い船と呼ばれているもので、これなら2人でも予約をとることができます。
友達、恋人、夫婦、親子、兄弟などさまざまな組み合わせで屋形船を楽しむことができて良いものです。
仲良しの友達と気軽に利用したり、記念日のお祝いをするために恋人と一緒や夫婦そろって利用するのも良いでしょう。
また、親孝行をするために親を船の旅に招待するといった利用の仕方もできます。
ちなみに、乗り合い船は、他の乗船客と触れ合うことができる場合もありますから、2人で乗船した場合でも、それ以上の人数で話をしながら船の旅ができることもあります。

屋形船は乗り合いと貸切がある

屋形船は乗り合いと貸切がある 屋形船の利用を考えている人が、基礎的なこととして知っておきたいのが、船の種類です。
屋形船には、大きく分けて乗り合いと貸切の2つがあります。これを知っておくと色々なシーンで船の旅に出られるようになります。
例えば、乗り合い船の場合には、2人から予約をとることができるのが良いところです。ですから、恋人同士が一緒に乗ることもできますし、夫婦で乗ることもできます。
もちろん、友達同士で乗船して楽しむことも可能です。親が観光を楽しむ際に、親子で乗船するといった利用の仕方も良いでしょう。
他にも乗船客はいますが、みんなで船の旅をするというのは、独特の雰囲気があって、なかなか楽しいものです。
ちなみに、乗り合い船は昼の便の他に夜の便が用意されていることがあります。屋形船の旅というのは、昼と夜とでまったく印象が異なりますから、よく考えて予約をとることが大切です。
また、出航時間が曜日によって異なることがありますから、この点も注意が必要です。
一方、屋形船の貸切利用の場合には、20人ぐらいから予約がとれることがありますが、業者によってはもっと少ない人数で予約がとれることもあります。
ですから、少ない人数で利用を考えている人にもチャンスがあります。

屋形船関連の情報リンク

東京で屋台村を併設する唯一の船宿のサイト

屋形船